ママ、復習の鬼と化す!

資格取得を目指す全国のママさんへの最後のアドバイスは、復讐の鬼、じゃなく〝復習の鬼〟になって下さいということです。
勉強することすら苦痛なのに、なかでも大変な苦痛を伴う復習を強く提案するのは、合格には復習が必須だからです。その証拠に、ゲイツという科学者が15歳の学生を対象に行った記憶力に関する研究結果をご覧下さい。

学習と復習の割合による記憶量の違い

学習に費やした時間

復習に費やした時間

記憶した言葉の平均数

100%

 0%

 65個

 60%

40%

 98個

 20%

80%

137個

上記のとおり、復習に勉強時間を費やした方が、より記憶量が多いことがわかりました。また、別の学者曰く、1回学習して記憶した情報は「短期記憶」とされ、それは時間と共に忘れてしまうもの。「長期記憶」として脳に定着させるには、復習するしか方法はないということなのです。

特に知識の無い初学者の方には耳は痛くも、とても重要なことだと思います。実は私が1回FP技能士試験に失敗したのも、復習をおろそかにしたため。ひと周りテキストを問題集を終えて安心しちゃったんですね。やっぱり驕りは禁物。特に初学者のママさんは、しっかりと復習に時間をかけて下さい!

また、復習を少しでも楽しくする方法があります。それはテキストでの復習ではなく、過去問で復習するという方法。過去問により繰り返し復習することで、知識の定着が図れることはもちろん、1問1?2分で解答しなければならない、本試験に対応する解答スピードも向上できる、一石二鳥な復習法です。「復習が何より嫌い!」というママさんこそ、是非試してみて下さいね!

さて、長々とFPママによる資格取得の物語(?)を綴ってきましたが、少しはタメになりましたでしょうか? ママが社会復帰するためには資格が大きな武器になることは間違いありません。

是非、みなさんもシビアなママ目線で自分に最適な資格を選び、効率的で効果的な勉強法で目標の資格をゲットしてください。グータラな私でもFPになれたのです。みなさんも必ず資格ホルダーママになれるはず。頑張りましょう!

効果的な復習を実践できる通信講座です>>>